お電話
お問合せ

ブログ

リノベーションをお考えの方へ!狭い部屋のリノベーションアイデアを紹介します!

BLOG. 2022.4.8

「狭い部屋をリノベーションしたい」
「狭い部屋を広く見せるには、どうすれば良いのか」
このような考えをお持ちの方は、たくさんいらっしゃるでしょう。
狭い部屋を広くするために、どのようなリノベーションをすれば良いのか知りたいですよね。
そこで今回は狭い部屋のリノベーションアイデアを紹介します。
リノベーションをお考えの方は、ぜひお役立てださい。

 

□狭い部屋のリノベーションアイデアを紹介!

狭い部屋のリノベーションでお困りの方は多いでしょう。
そこで狭い部屋のリノベーションアイデアを4つ紹介します。

1つ目は、収納を工夫することです。
収納場所の少なさが原因で部屋に物が溢れて、使えるスペースを圧迫している場合があります。
その場合は、空間を有効活用して収納場所を確保したリノベーションがおすすめです。

2つ目は、室内を明るい色で統一することです。
室内を明るい色で統一すると、部屋に明るさと開放感を与えられます。
例えば、部屋全体を白に統一することに加えて、入り口の対面の壁にアクセントクロスを選ぶこともおすすめです。

3つ目は、間仕切りする際は壁ではなく、天井部分に隙間を設けることです。
壁で間仕切りしてしまうと、部屋を狭く感じてしまう可能性があります。
できるだけ部屋を狭く見せないために、天井と隙間を空けた壁や間仕切りを設けることがおすすめです。

4つ目は、押入れをデスクやベッドに改造することです。
狭い部屋の場合、デスクやベッドを室内に置くと窮屈になってしまう恐れがあるでしょう。
そこで押入れをデスクやベッドにリノベーションすることで、家具が減って部屋がすっきりします。
押入れを収納として活用していない場合は、デスクやベッドにリノベーションすることをおすすめします。

 

□部屋を広く見せるポイントについて紹介!

部屋を広く見せるポイントについて知りたい方は多いでしょう。
そこで部屋を広く見せるポイントを2つ紹介します。

1つ目は、インテリアの色数を少なくすることです。
色数が多い部屋よりも、色数が少ない部屋の方がすっきりとした印象になります。
そのため、インテリアの色はできるだけ統一することがおすすめです。
部屋全体で3色以内にまとめると良いでしょう。

2つ目は、視線が抜けるようにすることです。
視線が抜けるようにすることで、空間が広く感じます。
そのため、狭い部屋を広く見せたいときにおすすめです。
例えば、天井を高くするほか、高窓を配置することや収納棚の背面を抜くことをおすすめします。

3つ目は、インテリアや内装は明るくすることです。
インテリアや内装に明るい色を使用することで、部屋を広く見せられるでしょう。
また、暖色系は部屋を広く見せる効果があります。
そのため、寒色系よりも暖色系を採用して、できる限り明るい色を使用することがおすすめです。

 

□狭い部屋をリノベーションする際の注意点について紹介!

せっかくのリノベーションで、もちろん失敗は避けたいですよね。
そこで狭い部屋をリノベーションする際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、部屋の間仕切りは壁と建具にこだわらないことです。
部屋の間仕切りで一般的な方法は、壁を設置して引き戸やドアなどの建具を取り付ける方法です。
壁と建具で仕切ると光や音が遮られますが、狭い空間の場合は圧迫感があるでしょう。

そのため、狭い部屋をリノベーションする際は注意する必要があります。
壁ではなく、ウォールドアやカーテンで仕切るなど開放的な空間ができるようにすると良いでしょう。

2つ目は、収納を確保することです。
狭い部屋の場合、物がしまいきれない可能性が高いでしょう。
物がしまいきれないと、雑念とした印象になってしまいます。
さらに狭い部屋は収納家具を置けるスペースも限られているでしょう。

そのため、リノベーションをする際に収納計画を立てることがおすすめです。
例えば、壁一面を収納場所にしたり、天井高いっぱいまで収納を設けたりすることがおすすめです。

 

□狭い部屋をおしゃれで快適にするポイントを紹介!

狭い部屋をおしゃれで快適にするポイントを5つ紹介します。

1つ目は、採光を意識することです。
影がある部屋は、実際の広さよりも狭く感じます。
そのため、採光を考えて明るい部屋にすることで、狭く感じづらくなります。
採光の方法は吹き抜けを組み込んだり、窓を大きく取ったりすることなど、さまざまです。

2つ目は、移動を少なくすることです。
空間が狭いことを利用して、移動を少なくすることで生活が快適になります。
その理由は空間から空間への移動距離が少なかったり、物の数が自然と減ったりするからです。

例えば、お風呂や洗面所、トイレの場所をまとめることで水回りに伴う行動が1つの場所でできます。
家の中を動き回るストレスも軽減でき、生活が快適になるでしょう。

3つ目は、デッドスペースを活かして収納にすることです。
狭い部屋のリノベーションでは、スペースを最大限確保するためにデッドスペースをなくす必要があります。
そのため、棚の位置を自由に変更できる可動棚を設けることがおすすめです。
また、小上がりの床や壁面のオープン棚など、収納に活用できる空間を全て使うことをおすすめします。

4つ目は、アーチラインを取り入れることです。
アーチラインを取り入れることで、空間に余裕と広がりが与えられます。
特に間仕切り壁をアーチ型にくり抜いたデザインはおしゃれで人気です。

5つ目は、空間にアクセントを加えることです。
空間にアクセントを加えることで、狭さを感じさせないようにできます。
アクセントとは、視線を集中する部分のことです。
自然と目が向いてしまうアクセントを設置することで、狭さを意識させないおしゃれな空間ができるでしょう。

例えば、壁紙の色を変えることや建具のデザイン、家具にこだわることなど、さまざまです。
そのため、自分の好みに合ったアクセントを取り入れることがおすすめです。

 

□部屋を広く見せるためのインテリアを紹介!

部屋を広く見せるためのインテリアを3つ紹介します。

1つ目は、背もたれの低いソファです。
背もたれが高いと、視線が遮られてしまうでしょう。
見通しの良い状態の方が広く感じるため、背もたれが低いソファを選び、視線が遮られないようにすることがおすすめです。
また、チェストやダイニングテーブルなども高さを低めにすると良いでしょう。

2つ目は、シェードを採用することです。
窓に取り付けるカーテンは、ドレープカーテンの場合、カーテンの幅で壁から20センチメートルほど手前の位置にきます。
しかし、シェードの場合は5センチメートルほどで済むため、カーテンより部屋を広くできます。
そのため、部屋を広く見せたい場合はシャードがおすすめです。

3つ目は、黒よりも白を基調とした部屋にすることです。
壁や天井は明度が高い色の方が広く見えます。
そのため、黒よりも白を基調とすることをおすすめします。
実際に白は膨張色で圧迫感がないことに加えて、反射率も高いため、部屋全体が広く明るく見えます。

 

□まとめ

今回は狭い部屋のリノベーションアイデアを紹介しました。
狭い部屋のリノベーションアイデアについて理解していただけましたか。
収納を工夫することや、部屋全体を明るくできるようにリノベーションすることで、狭い部屋を改善できるでしょう。
狭い部屋でお困りの方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、大阪周辺で狭い部屋のリノベーションで相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

BLOG.一覧へ