お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリフォームは自分でやるより業者への依頼がおすすめです!

BLOG. 2021.12.9

「中古住宅は自分でリフォームはできるのだろうか」
「業者に依頼するのであればできるだけ費用を抑えたい」
大阪でこのようにお考えの方は多いでしょう。
セルフでリフォームはできるのでしょうか。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□セルフリフォームの難易度や費用について

皆さんは、セルフでリフォームをする場合にはどれくらいの費用と日数がかかるとお考えでしょうか。
まずは項目ごとの難易度や費用、日数について解説します。

1つ目は、壁や天井です。
自分でリフォームする場合の費用は、1.5万円~7万円ほどです。
珪藻土や漆喰を使用すると高額になりやすいです。
塗装難易度は低いですが、解体難易度は非常に高いです。
日数は、2日~3日です。

2つ目は、床です。
費用相場は4.5万円以上というイメージです。
どこまでこだわるかによって価格は変わります。
フローリングの重ね張りの難易度が高いです。
日数は、2日ほどです。

3つ目は、棚やドアです。
費用相場は1万円からで、上記の項目と比較すると難易度は低いです。
日数は2日ほどです。

以上が、セルフでリフォームする場合についてでした。

 

□業者へ依頼する際に費用を抑えるコツについて

ここまで、セルフリフォームについて解説しました。
結論、セルフでのリフォームより業者への依頼の方がおすすめです。
経験豊富なプロに任せられますし、時間も節約できるからです。

しかし、費用について心配で業者へ依頼する勇気がないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、費用を抑えるコツを3つご紹介します。

1つ目は、設備のグレードを見直すことです。
設備のグレードを上げると、価格も上がります。
本当に必要な機能なのかどうかをよく考え、必要最低限のグレードに抑えておくようにしましょう。

2つ目は、間取りをシンプルにすることです。
間取りが複雑であればあるほど、費用も高くなります。
部屋数を少なくすると費用を抑えられます。

複雑な形の部屋をいくつも作ったり、ロフトを作ったりすると、費用が高くなりがちです。
部屋をたくさん作ると、壁やドアもその分必要になりますよね。
部屋の数を減らすことで、その分の費用を節約できるのです。

以上が、費用を抑えるコツについてでした。

 

□まとめ

今回は、大阪で中古住宅のリフォームをお考えの方に向けて、自分でリフォームするとどうなるのかについて、また、業者へ依頼する際に費用を抑えるコツについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、リフォームを依頼してみてくださいね。

BLOG.一覧へ