お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリフォームで失敗したくない方必見!失敗しやすいポイントを解説!

BLOG. 2021.12.5

「中古住宅のリフォームで失敗しがちなポイントはなんだろう」
「失敗しない物件の選び方について知りたい」
大阪でこのようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□失敗しがちなポイントについて

皆さんは、リフォームで失敗しがちなポイントについてご存じでしょうか。
ぜひこの機会に明確にしておきましょう。

1つ目は、資金計画の失敗です。
物件にお金をかけすぎてしまったため、リフォームに十分な資金を充てられないという失敗がよくあります。
また、費用を抑えようとするあまり、妥協してしまうという失敗もよくあります。
ご自身の希望に優先順位をつけ、どうしても叶えたい部分は妥協しないようにすると良いですね。

2つ目は、中古住宅選びでの失敗です。
間取り変更できない構造の中古住宅を購入してしまったという失敗や、後になって見えない部分の劣化が判明したという失敗などが挙げられます。

後述で解説しますが、物件選びは慎重に行うようにしましょう。

3つ目は、設計やプランニングの失敗です。
実際の生活をよく考えずリフォームしてしまったという失敗が挙げられます。
コンセントや収納の場所や量をよく考えずに決めてしまうと、このような失敗に繋がってしまいます。

なんとなく決めるのではなく、実際の生活をしっかりイメージしてから、プランニングを行うようにしましょう。

以上が、失敗しがちなポイントについてでした。

 

□失敗しない物件選びのポイントについて

ここまで、リフォームで失敗しがちなポイントについて解説しました。
続いては、失敗しない物件選びのポイントについて解説します。

1つ目は、物件の建て替えが可能であるか確認することです。
物件によっては、建て替えができなかったり、建て替えができたとしても制限があったりすることがあります。

2つ目は、物件状態の確認を怠らないことです。
特に、見落としがちな部分については注意が必要です。
屋根や配管などもしっかりと確認しましょう。

3つ目は、耐震性を確認することです。
1981年よりも前に建てられている物件については、現在とは耐震基準が異なるため、注意が必要です。
「1981年以降に建てられているかどうか」が判断基準の1つとなるでしょう。

以上が、物件を選ぶ際のポイントについてでした。

 

□まとめ

今回は、大阪で中古住宅のリフォームをお考えの方に向けて、リフォームで失敗しがちなポイントについて、また、物件選びのポイントについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、失敗を未然に防いでくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

BLOG.一覧へ