お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅を購入してリフォームするまでの流れについて解説します!

BLOG. 2021.11.12

「中古住宅を購入してリフォームするまでの流れについて知りたい」
「ローンはどうなるのかについて知りたい」
大阪でこのようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

流れについて知っておくと、見通しを立てやすくなりますね。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□全体の流れについて

皆さんは、中古住宅の購入からリフォームまでの流れについてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは、流れについて解説します。

1.物件探し
リフォーム会社と相談し、最適な物件を見つけましょう。
自分のスタイルにこだわりがあるのであれば、早めに相談しましょう。

2.物件選び
管理規約をチェックすることを忘れないようにしてください。
リフォームのルールを定めている物件もあるからです。
また、並行してローン選びも始めると良いでしょう。

3.購入決定後からリフォームまで
物件が決まったら、売買契約→引き渡し→リフォームという流れになります。
場合によっては、住宅ローン控除などの税金の優遇が受けられる場合があります。
優遇を受けられるリフォームの条件について知っておきましょう。

以上が、流れについてでした。

 

□ローンはどうなるのかについて

ここまで、全体の流れについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、ローンはどうなるのかについて解説します。
ぜひ併せてチェックしてみてください。

中古物件を購入してリフォームする場合、「住宅ローン」で購入し、「リフォームローン」を利用してリフォームを行うという方法があります。

金利については以下の違いがあります。
住宅ローンでは、固定選択金利型、固定金利型、変動金利型から選択できますが、リフォームローンでは変動金利型が主流です。

返済期間については以下の違いがあります。
住宅ローンでは、最長30年から35年ですが、リフォームローンの場合6か月から15年程度です。
このように、リフォームローンは返済期間が短く、金利も高いというデメリットが存在するため、一体型ローンを利用し二重ローンを避けるのも良いでしょう。

以上が、ローンについてでした。

 

□まとめ

今回は、大阪にお住いの方に向けて、中古住宅の購入からリフォームまでの流れについてと、ローンはどうなるのかについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、中古住宅を購入してみてくださいね。
ご不明点がありましたら、お気軽に当社へご連絡ください。

BLOG.一覧へ