お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリノベーションで利用できる補助金制度は?減税制度についても解説!

BLOG. 2021.11.4

「中古住宅のリノベーションで利用できる補助金について知りたい」
「減税制度についても知りたい」
大阪にお住まいでこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
補助金制度や減税制度はできるだけ活用したいですよね。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひお役立てください。

 

□補助金制度について

皆さんは、中古住宅をリノベーションする際にはどのような補助金制度を利用できるかご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは、補助金制度について詳しく解説します。

1つ目は、長期優良住宅化リフォーム推進事業です。
これは、40歳未満の人が既存住宅を買ってリフォームを行う場合に、耐震性や劣化対策の基準を満たすことで補助金をもらえるというものです。
40歳未満の方は、ぜひご利用ください。

2つ目は、フラット35の金利引き下げです。
金利Aプランで10年間、金利Bプランで5年間、金利を0.5パーセントを引き下げられます。
以下の4項目のうち一つでも満たせばAプランが適用されるため把握しておきましょう。

1.省エネルギー性
認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅、一次エネルギー消費量等級5の住宅

2.耐震性
耐震等級3

3.バリアフリー性
高齢者等配慮対策等級4以上

4.耐久性と可変性
長期優良住宅

以上に当てはまるようにリフォームすることで、優遇策を受けられます。
以上が、補助金制度についてでした。

 

□減税制度について

ここまで、補助金制度について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。

しかし、利用できるのは補助金制度だけではありません。
減税制度もあることをご存じでしたか。
減税制度は以下の通りとなっています。

固定資産税の減税措置です。
適用要件を満たしていることが認定されれば、確定申告によって控除されるという仕組みです。
具体的には、投資型減税とローン型減税があります。
投資型は、リフォームローンの利用有無を問わないもので、ローン型はリフォームローンを利用した場合に適用されます。

また、固定資産税については、対象の工事終了後3か月以内に申告手続きを行うことで、翌年分を減額できます。
以上が、減税制度についてでした。
ぜひこちらの減税制度も検討してみてください。

 

□まとめ

今回は、大阪にお住まいの方に向けて、中古住宅をリノベーションする際に利用できる補助金制度や減税制度について解説しました。
当初の疑問が解決されたのであれば幸いです。
今回の情報を活用し、ぜひ制度を利用してみてくださいね。
より詳しく知りたい方は、いつでも当社へご連絡ください。

BLOG.一覧へ