お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅リノベーションのデメリットと注意点を知って失敗を防ごう!

BLOG. 2021.10.31

「中古住宅のリノベーションにデメリットはあるのだろうか」
「注意するべきことについて知りたい」
大阪にお住まいで、このようにお考えの方は多いでしょう。
中古住宅のリノベーションは魅力的ですが、注意点も知っておくことが大切です。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

 

□中古住宅をリノベーションする際の注意点について

皆さんは、中古住宅のリノベーションにはデメリットもあるということをご存じでしょうか。
ついメリットにだけ目を向けがちですが、注意点について知らずに進めてしまうと、失敗や後悔に繋がってしまいます。
ぜひ注意点を把握してからリノベーションを行いましょう。
注意点は以下の通りです。

1つ目は、想定していなかった補修工事が発生する可能性があることです。
表面的に問題がなくても、想定していなかった不具合や損傷が見つかることもあると知っておきましょう。

2つ目は、理想の間取りにできない物件もあるということです。
在来工法のような柱や梁で建物を支えている構造の場合、間取りを変更しやすいですが、ツーバイフォー工法の場合は壁を抜けないため間取り変更が難しいです。

3つ目は、すぐに入居できるわけではないことです。
購入からリノベーション完了まで、長くて半年かかることを想定しておきましょう。

以上が、注意点についてでした。

 

□失敗しないためのポイントについて

ここまで、注意点について解説しました。
デメリットもあるということを知れたのではないでしょうか。
しかし、ポイントを押さえておくことで、失敗や後悔は防げます。
これからそのポイントを紹介するので、ぜひ併せてチェックしてみましょう。

1つ目は、リノベーション一体型ローンの利用条件を知っておくことです。
中古住宅の購入とリノベーションを行う際にはこの一体型ローンが便利ですが、購入のタイミングでリノベーションを行わなければ適用されないことを知っておきましょう。

2つ目は、追加工事も想定しておくことです。
余裕をもって予算を決めることで、追加工事にも対応できるでしょう。

3つ目は、将来引っ越す可能性があるのであれば、そのことについても考慮することです。
売却価格は、必ずしもリノベーションにかけた費用に比例するとは限りません。
個性的すぎるデザインにすることで売れにくくなることもあります。
手放す可能性がある場合は、需要も考慮しておくと良いでしょう。

以上が、ポイントについてでした。

 

□まとめ

今回は、大阪にお住まいの方に向けて、中古住宅のリノベーションにはデメリットもあるということについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、ポイントを押さえながらリノベーションを行いましょう。
中古住宅をお考えの方は、いつでも当社へご連絡ください。

BLOG.一覧へ