お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅を購入しリフォームをお考えの方へ!入居後でも遅くない場所と実例を解説!

BLOG. 2021.10.27

「中古住宅の入居後でも遅くないリフォームについて知りたい」
「場所ごとのリフォーム事例について知りたい」
大阪で中古住宅の購入をご検討中で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひお役立てください。

 

□入居後でも遅くないリフォームについて

皆さんは、入居後でも遅くないリフォームについてご存じでしょうか。
入居後でも遅くないものがあるのであれば、把握しておきたいですよね。
そこでまずは、入居後にできるリフォームについて解説します。

1つ目は、手すりの設置です。
手すりの設置は、バリアフリーリフォームのうちの一つですよね。
検討されている方も多いのではないでしょうか。

手すりは短時間で設置できるため、住んでみて不便を感じてからでも遅くありません。
しかし、壁の状態によっては壁の補強工事が必要になる場合があるため、下地の補強はあらかじめしておくとスムーズでしょう。

2つ目は、壁のリフォームです。
入居する時点で大きな傷みや汚れがないのであれば、壁の張替えは後回しにするのも選択肢の一つです。

以上が、入居後にできるリフォームについてでした。

 

□場所ごとの中古住宅のリフォーム事例について

ここまでは、入居後でも遅くないリフォームについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、場所ごとの事例について解説します。
リフォームのイメージが湧かない方はぜひ事例を参考にしてみてくださいね。

1つ目は、リビングに階段を設けることです。
もともと玄関ホールにあった階段をリビングに設置することで、帰宅後家族と顔を合わせてから2階に上がれます。

2つ目は、階段に圧迫感が出ない工夫をすることです。
シースルー階段にすると圧迫感が出ません。
小さなお子様がいらっしゃる場合にはネットを付けることで安全性を確保できますね。

3つ目は、キッチンを壁付きから対面式にすることです。
これによって、お子様の様子を伺いながら料理ができますね。

4つ目は、和室をモダンで開放感のある雰囲気に変えることです。
モダンな雰囲気にすることでほかの部屋とも馴染みますし、開放感を持たせることでお子様の様子も見えますね。

5つ目は、トイレを明るくすることです。
家全体のテイストと合わせた内装を意識するとより良いでしょう。

以上が、場所ごとの実例についてでした。

 

□まとめ

今回は、大阪にお住まいの方に向けて、入居後でもできるリフォームについて、また場所ごとのリフォーム事例について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、様々なリフォームを行ってみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご相談ください。

BLOG.一覧へ