お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリノベーションをお考えの方へ!ガレージハウスについて紹介します!

BLOG. 2021.10.5

「ガレージハウスにはどのようなメリットがあるのだろう」
「ガレージハウスをつくりたいが注意すべき点はあるのかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、ガレージハウスをつくる際のメリットやデメリット、注意点についてご紹介します。
リノベーションをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

□ガレージハウスのメリットとデメリットをご紹介!

ガレージハウスとは、車を保管するガレージがそのまま家に繋がっている物件を指します。
ガレージハウスのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

*メリット

ガレージハウスのメリットは、愛車とともに過ごせることです。
車を好きな時に鑑賞したり、風や雨の影響を受けないため寿命が延びたりすることが大きな魅力です。
また、盗難やいたずらの被害を回避できることや転校の悪い日の乗り降りや荷物の出し入れがしやすいことも大きなメリットでしょう。
子供やご高齢の方がいても乗り降りがしやすいですね。

 

*デメリット

デメリットは、居住スペースに広い敷地が必要となることです。
また、車のスムーズな出入りには、住居に面する前面道路幅の広さも重要となります。
他にも、換気設備や住宅強度などが必要となることは頭に入れておきましょう。

 

□ガレージハウスにする際の注意点について

ガレージハウスを後からつけたり、増築したりする場合には注意点もあります。
ここでは、注意点についてご紹介します。

まずは、住宅がガレージハウスのリノベーションに向いているか確認することです。
ガレージを後付けする場合、1階部分の一部を減築・解体するため、住宅の構造が大切なポイントとなります。

木造一戸建ての場合は、構造上耐震強度が弱くなるため不向きと言えるでしょう。
どうしても設置したい場合、大規模な耐震補強工事が必要となるため高額な費用が必要になることを確認しておきましょう。

軽量鉄骨住宅の場合、室内の柱が少ないため木造住宅よりも向いています。
しかし、ガレージのスペースを確保するために壁や柱が減ってしまうため、強度が落ちてしまう可能性があることは理解しておく必要があります。

 

□まとめ

今回は、中古住宅のガレージハウスをつくるリノベーションについてご紹介しました。
ガレージハウスをつくるか考える際はメリットやデメリット、注意点を踏まえて検討しましょう。
大阪でガレージハウスをつくれる住宅かどうかお悩みの方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

BLOG.一覧へ