お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリフォームがもうすぐ始まる方へ!近隣住民への挨拶の必要性を解説します!

BLOG. 2021.7.8

中古住宅のリフォームがもうすぐ始まりそうだけれども、挨拶って必要なのかなと思われている方はいらっしゃいませんか。
リフォーム前の挨拶は、後のトラブル発展を防ぐために必要なことです。
そこで今回は、中古住宅リフォーム前の挨拶の必要性についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□リフォーム前の挨拶は必要なの?

中古住宅をリフォームする際に限らず、リフォームを行う前には近隣住民への挨拶が大切です。
ここでは、リフォーム前の挨拶が必要な理由についてご説明します。

1つ目は、トラブルを避けるためです。
リフォームに関するトラブルの中で、頻繁に発生するのが近所の方とのトラブルです。

実際、小規模なリフォームだから問題ないと判断したために、トラブルに発展するケースが多いです。
工事規模の大小を問わずに、リフォームする前には、しっかりと挨拶を忘れないようにしましょう。

2つ目は、車の出入りの問題です。
リフォームする際は、資材や機器を運ぶための大きな車が近所に停車することが考えられます。

その車が道を塞いでしまうと、近隣住民が車で出かけようとしても、車が出せないという事態になります。
車を出す邪魔にならないためにも、挨拶の際にその旨を伝えておくと良いでしょう。

 

□リフォーム前に挨拶に伺うタイミングと範囲とは?

ここでは、中古住宅リフォーム前の挨拶に訪れるタイミングと挨拶の範囲についてご説明します。

まずは、挨拶に行くタイミングについてです。
リフォーム前の挨拶は、工事が始まる1週間前くらいに済ませるのがベストです。

また、平日は仕事や家事などで忙しい方が多いので、休日の午前中に伺う方が多いです。
何度訪問しても留守の場合は、手紙を出して工事の詳細を伝えるようにしましょう。

続いて、挨拶に伺う範囲についてです。
挨拶に伺う範囲は、向かいと裏の3軒ずつと両隣の2軒の計8軒くらいで十分です。
明確な範囲が定められているわけではないので、足りないと思う方は挨拶に伺う範囲を拡大すると良いでしょう。

また、自治会などがある地域なら、工事の時間帯が決められている場合もあります。
そのため、リフォーム前に代表者への挨拶を済ませておけば、引越し作業をスムーズに終わらせられるでしょう。

 

□まとめ

今回は、中古住宅リフォーム前の挨拶の必要性についてご紹介しました。
大阪にお住まいで中古住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひこれらの情報を参考にリフォーム前挨拶をしてみてはいかかでしょうか。
何かご不明な点がございましたら、当社が全力でサポートさせていただきます。

BLOG.一覧へ