お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅リノベーションをご検討中必見!物件選びの注意点についてご紹介します!

BLOG. 2021.6.19

中古住宅リノベーションをご検討中で、物件選びにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
物件を選ぶ際には、いくつか注意点が存在します。
しかし、どのような点に気を付ければ良いのか分からないという方も多いですよね。
そこで今回は、リノベーションに適した中古住宅を選ぶ際の注意点についてご紹介します。

 

□リノベーションに適した中古住宅を選ぶ際の注意点

1つ目は、構造部分をしっかり確認することです。
この部分に問題があると、1から建て直すことになるので、大規模な工事が必要です。

例えば、床が傾いていたり、歩くと不安定な箇所があったりすると、構造に問題がある場合が多いです。
中古住宅は、新築よりも構造部分が劣化している確率が高いため、購入前にしっかりと確認するようにしましょう。

2つ目は、シロアリなどの害虫による被害の確認です。
シロアリ被害の多い住宅は、水はけが悪く湿気がこもりやすい場合が多いです。

なぜなら、シロアリはそのような場所を好んで住み着く習性があるからです。
シロアリが発生しているなら駆除すれば大丈夫ですが、シロアリ被害に遭いやすい住宅には違いないので、十分な湿気対策を講じる必要があるでしょう。

 

□中古住宅リノベーションのメリットとは?

1つ目のメリットは、取得コストを抑えられる点です。
築年数が経過している中古住宅は、新築住宅よりも費用を抑えながら購入できます。
さらに、設備の一新を行ったとしても、トータル費用が抑えられる場合が多いです。

最近では、築年数が50年を超える古民家の需要が高まっており、建物自体の品質も優良である可能性も高いです。
中古住宅リノベーションは、費用を抑えながらマイホームを取得できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

2つ目のメリットは、思い通りの住宅を再現できる点です。
新築で思い通りの住宅を再現しようとすると、注文住宅を検討する必要があり、どうしても費用がかかりがちです。

しかし、中古住宅は柱や梁などをそのまま利用すれば、内装や設備を選ぶだけで自由自在に理想の住まいづくりができます。
もちろん、間取り変更などの大規模なリノベーションもできるので、自分好みの住宅を再現したいという方にぴったりの選択肢となるでしょう。

 

□まとめ

今回は、リノベーションに適した中古住宅を選ぶ際の注意点についてご紹介しました。
物件を選ぶ際は、目に見えない部分まで確認することが大切です。
大阪にお住まいで中古住宅リノベーション用の物件選びをしている方は、ぜひこれらの情報をお役立てください。

BLOG.一覧へ