お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅の購入とリフォームをご検討中の方へ!補助金を紹介します!

BLOG. 2021.6.16

大阪で中古住宅の購入とリフォームをご検討中の方はいらっしゃいませんか。
そんな方には補助金を利用することをオススメします。
そこで今回は、2021年に受けられる補助金事業をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□中古住宅の購入やリフォームに使える補助金をご紹介します

住宅の取得時に一定の条件を満たすことで補助金や優遇制度が適用されるケースがあります。
2021年における事業のうち今回は2つご紹介します。

1つ目が、グリーン住宅ポイント制度です。
この制度は、所有者が居住する住宅において一定基準の省エネ性能が認められた際にポイントを受け取れる制度です。
ポイントは1ポイント1円相当で、防災関連や子育て関連商品への交換や、住環境の更なる向上のために空気環境を向上する工事やウイルスや菌の拡散防止工事を行えます。

2つ目が、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業です。
ZEH、通称ゼッチと呼ばれるこの支援事業は、高い断熱性能を元に太陽光で発電したエネルギーと、消費エネルギーが概ね同じになる、つまりエネルギー収支が概ねゼロになる省エネ性能の高い住宅のことです。
国は現在このゼッチの普及を強く進めており、ZEHを取得またはZEHにリフォームを行うと、補助金が受けられます。

 

□すまい給付金について解説します

すまい給付金は、その名の通り住まいを購入する際に利用できる給付金制度のことです。
収入による給付制限はありますが、最大で50万円の給付金を受け取れます。
リフォーム単体では、給付金は受けられませんが、中古住宅を購入してリフォームを行うという場合には、中古住宅の購入にかかる費用に対して制度が適用されます。

次に、すまい給付金を受け取るための条件をご紹介します。
前提として、購入した住宅の所有者であること、購入した住宅に居住していることが挙げられます。
それに加えて、取得する住宅の条件は床面積が50平方メートル以上で、中古住宅の場合は売主が宅地建物取引業者であること、取得者の収入額の目安が、775万円以下であることが挙げられます。

さらに、住宅ローンを利用して購入する場合は、売買時に第三者機関の検査を受けていること、住宅ローンを利用しない場合は、年齢が50歳以上で、収入額の目安が650万円以下であることという条件があります。

その他にも細かい条件がありますが、上記の条件に当てはまるという方は、詳しく申請方法を確認してみましょう。

 

□まとめ

今回は、中古住宅の購入やリフォームで受けられる補助金事業をご紹介しました。
お家の購入やリフォームを、環境にも優しくお得に行えると嬉しいですね。
当社では、お客様のご希望に合わせた空間をリノベーションで実現いたします。
ご興味のある方はこの機会にぜひご相談ください。

BLOG.一覧へ