お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリフォームをお考えの方へ!玄関をリフォームするメリットを解説します!

BLOG. 2021.5.9

「玄関をリフォームしたい」
中古住宅のリフォームをお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
その場合、そのメリットについて知っておきたいですよね。
しかし、いくつか注意点もあるので把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、玄関をリフォームするメリットとその際の注意点について解説します。

 

□玄関をリフォームするメリットとは

メリットは3つあります。

1つ目は、家全体のイメージアップにつながることです。
玄関をリフォームをすると家全体の印象が変わるため、イメージアップにつながります。

中古住宅を購入しリフォームをする場合、家全体の印象をがらりと変えたい方は多いはずです。
玄関をリフォームすると家全体の印象を変えてイメージアップにつなげられるので、大きなメリットと言えるでしょう。

2つ目は、性能強化が期待できることです。
玄関のつくりやドアの種類を新しくすることで、光が差し込みやすくなるため採光性が良くなります。
さらに、断熱性能も高められるでしょう。
このように、玄関をリフォームすると住宅の利便性を高められるでしょう。

3つ目は、防犯性が高まることです。
玄関リフォームをすると防犯性も高まります。
例えば、古い玄関ドアは鍵が一つだけのことが多いですが、最近では鍵を2〜3重にかけることが一般的です。
また、住宅の防犯性については気にする方は少なくないでしょう。
そのため、玄関ドアをリフォームして住宅の防犯性を高められることはメリットの1つだと言えます。

 

□玄関をリフォームする際の注意点とは

*防犯性

防犯性について検討する際には、ドアの種類について考慮するようにしましょう。
なぜなら、空き巣は半分近くが無施錠のドアから入り、3パーセントほどが錠破りで侵入するからです。
また、空き巣は時間がかかることを嫌います。
そのため、玄関ドアを選ぶ際には防犯性を高めるために空き巣が嫌うようなものを選ぶようにしましょう。

 

*断熱性

玄関は外気が入りやすい場所です。
特に、ガラス製などの玄関は熱を伝えやすいので、玄関の温度が外とあまり変わらないこと場合があるでしょう。
断熱性の玄関ドアを選ぶことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、玄関をリフォームするメリットとその際の注意点について解説しました。
中古住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は中古住宅のリフォームに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ