お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリノベーションで間接照明を取り入れるメリットについて解説します!

BLOG. 2021.4.19

「間接照明を取り入れるメリットについて知りたい。」
大阪にお住まいの中古住宅のリノベーションをお考えの方で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
間接照明を導入する際には、設置する際のポイントも把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、間接照明を取り入れるメリットと設置する際のポイントについて解説します。

 

□中古住宅のリノベーションで間接照明を取り入れるメリットとは

*空間に表情を与える

間接照明には、リビングやダイニングをオシャレでモダンに見せる効果があります。
ただし、あからさまに取り入れてしまうと、かえって印象が悪くなるため注意しましょう。
あくまでさりげなく取り入れることが大切です。

 

*リラックスした雰囲気を作れる

間接照明を取り入れるとリラックスした雰囲気が作れます。
そのため、寝室のようなリラックスしたい場所に取り入れると、その効果をより発揮できるでしょう。

 

*奥行きが作れる

間接照明には奥行きを作る効果があります。
特に、TVボードの下や天井に設置すると、その効果をより生かせます。

例えば、TVボードの下に設置した場合、床がそこで終わりではなく奥まで続いているようなイメージが生まれます。
さらに、折り上げ天井に設置した場合も同様のイメージを作れるでしょう。
このように、視線をコントロールして、実際以上の広がりを演出する効果が期待できます。

 

□リノベーションで間接照明を設置する際のポイントとは

間接照明による光は説明したように様々な効果を生み出します。
しかし、間接照明だけでは勉強や作業などをするのに必要な明るさを確保することが難しいです。
そのため、リノベーションで間接照明のみにしてしまうと、作業がしにくく、暮らしにくさを感じてしまうことがあるでしょう。

そういったリスクを防ぐために、一室に複数の照明を用いる多灯照明にすることをおすすめします。
例えば、リビングであれば主照明としてシーリングライトやダウンライトを設置します。
さらに、コーブ照明あるいはコーニス照明などを設置すると暮らしに必要な明るさを確保でき、雰囲気も良くなるでしょう。

 

□まとめ

今回は、中古住宅のリノベーションで間接照明を取り入れるメリットと設置する際のポイントについて解説しました。
中古住宅のリノベーションをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は中古住宅のリノベーションに関するご相談を承っております。
ご気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ