お電話
お問合せ

ブログ

ルーフバルコニーとは?中古住宅のリフォームを検討中の方へ向けて解説します!

BLOG. 2021.4.8

「ルーフバルコニーを設置したい」
中古住宅のリフォームをお考えで、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
ルーフバルコニーには、いくつかのメリットがあります。
また、ルーフバルコニーを設置する際には、注意点を押さえる必要があるでしょう。
そこで今回は、ルーフバルコニーについて解説します。

 

□ルーフバルコニーとは

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根を利用した、建物から外へ張り出している部分のことです。
そのため、通常のバルコニーよりも面積が広いことが特徴として挙げられるでしょう。
また、メリットは3つあります。

 

1つ目は、開放感が生まれることです。
ルーフバルコニーは、下の階の屋根を使って作られているため、ゆったりとした空間を確保できます。
そのため、開放感のあるスペースとなるでしょう。

 

2つ目は、居住スペースが広く見えることです。
ルーフバルコニーがあると、部屋とルーフバルコニーにつながりが生まれます。
そのため、実際の面積以上に部屋が広く見えるようになるでしょう。
また、床材の色味や材質を統一し、壁を減らして大きな窓をはめ込むことによって、より広く見せられます。

 

3つ目は、憩いの場になることです。
家族や友人同士で野外で交流する際には、ルーフバルコニーが非常に役立つでしょう。
例えば、バーベキューやランチ会を野外で開催できて、友人や家族との交流の場として使えます。

 

□ルーフバルコニーを設置する際の注意点とは

*雨漏り対策

ルーフバルコニーは屋根を改良して作るため、屋根の役割も果たすことになります。
そのため、防水対策が十分でない場合、雨水が一カ所にたまってしまい床材が劣化しやすくなるでしょう。
また、雨漏りの原因にもつながります。
そのため、定期的にメンテナンスをして、こまめに状態を確認しておきましょう。

 

*断熱対策

ルーフバルコニーの床下が、居住スペースである場合には注意が必要です。
例えば、リビングやダイニングなどのスペースが下にある場合、夏場にはルーフバルコニーの表面の温度が上がるため、下にある居住スペースが暑くなってしまいやすいでしょう。
さらに、冬場には室内の温度が外に流れやすくなるため、居住スペースは寒くなります。
そのため、下に居住スペースがある場合には、断熱対策を施す必要があるでしょう。

 

□まとめ

今回は、ルーフバルコニーについて解説しました。
中古住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は大阪にて中古住宅のリフォームに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ