お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅をお考えの方へ!窓をリフォームする際のポイントについて解説します!

BLOG. 2021.4.4

中古住宅のリフォームをお考えで、窓のリフォームを検討中の方はいらっしゃいませんか。
窓リフォームには、さまざまなメリットがあります。
また、窓リフォームをする際には、いくつかポイントを押さえておく必要があるでしょう。
そこで今回は、窓リフォームのメリットと、窓をリフォームする際のポイントについて解説します。

 

□窓リフォームのメリットとは

メリットは3つあります。

 

1つ目は、冷暖房の効きが良くなることです。
住宅の中で最も熱が出入りする場所は、窓だと言われています。
窓を断熱、遮熱リフォームすることによって、冷暖房の効きを良くできるため、電気代の節約につながるでしょう。
そのため、長期的に見ると大幅な電気代の節約が期待できます。

 

2つ目は、騒音を軽減できることです。
騒音の原因は主に空気の振動であり、住宅の中で最も壁厚が薄い場所は窓です。
そのため、窓をリフォームすることによって、騒音対策につながると言えるでしょう。
窓をリフォームする方法はたくさんありますが、住宅の悩みに合わせて方法を選ぶと良いです。

 

3つ目は、窓まわりの結露を軽減できることです。
結露を放置していると、建物の劣化やカビとダニの繁殖の原因になってしまう場合があります。
結露は、室内と外気の温度差によって発生しますが、窓をリフォームすることで、室内と外気の温度差を軽減できるため、結露の発生を防ぎやすくなります。
結露が発生しにくくなると、カビやダニの繁殖による喘息やアトピーの不安が減るため、健康面でも効果があると言えるでしょう。

 

□窓リフォームをする際のポイントとは

*風が効率良く通り抜けるようにする

1つの部屋に窓を複数設置しておいたものの、風通しがまったく良くならないことは多いです。
そのようなことを防ぐためには、2つの窓が向かい合うように配置しましょう。
例えば、南と北、または東と西のように配置すると良いです。

 

*日当たりを考える

日当たりは、時間や季節によって変化します。
そのため、窓からの光の入り方について、設計者に必ず聞いておくようにしましょう。

 

*家具の置き場所に支障がない位置に小窓をつける

窓を多く付けすぎてしまい、家具を置く場所に困るというご家庭は多いです。
窓を多めに設置したい場合は、家具の置き場所に支障がない位置に小窓をつけるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、窓リフォームをする際のポイントと、窓リフォームのメリットを解説しました。
中古住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は大阪にて中古住宅のリフォームに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ