お電話
お問合せ

ブログ

中古住宅のリノベーションを検討中の方へ!内覧する際のポイントについて解説します!

BLOG. 2021.3.31

「中古住宅を内覧する際に何を確認すれば良いのか知りたい」
中古住宅のリノベーションをお考えで、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を内覧する際には、いくつかのポイントや注意点を押さえる必要があります。
そこで今回は、中古住宅を内覧する際に確認すべきポイントと注意点について解説します。

 

□中古住宅を内覧する際に確認すべきポイントとは

ここでは、確認すべきポイントを外観と室内の2つに分けて解説します。

 

*外観

外観については、屋根と外壁、軒裏、基礎の4つを確認しましょう。
外壁や基礎を確認する際には、ひび割れがないかをチェックすることが大切です。
なぜなら、基礎にひび割れがある場合、家が傾いている場合があるからです。
また、屋根や軒裏を確認する際には、ズレや破損、塗装のはがれなどをチェックすると良いでしょう。

 

*室内

室内については、玄関のドアを確認しましょう。
玄関のドアを確認する際のポイントは、スムーズに開け閉めできるかどうかです。
その際にドアの動きが鈍ければ、床が傾いている可能性があります。

 

また、壁のヒビやクロスの剥がれも確認しましょう。
室内の壁にあるヒビなどは気付きにくいため、実際に生活してから発覚する場合が多いです。
そのため、内覧の段階で注意して確認することが大切です。

 

さらに、クローゼットや押し入れも確認しておくと良いでしょう。
その際には、居住者が衣類を収納している場合があるため、了承を得てから確認する必要があります。
了承を得たら、開けられる箇所を開けて、カビの臭いなどがあるかをチェックしましょう。

 

□中古住宅を内覧する際の注意点とは

*小さな子供を連れて行く際には注意する

小さな子供を内覧に連れて行くと、傷をつけたり、走り回ったりして家具などを破損させてしまう場合があります。
そのため、内覧する際には大人だけで行く方が無難だと言えるでしょう。

 

*分からないことは積極的に聞く

住宅の購入は出費が大きい買い物ですよね。
もし内覧時に不明な点がある場合、そのことについて確認していなければ、将来後悔してしまう場合があるでしょう。
そのため、不明な点があれば担当者にその場で聞く、またはメモしておき契約前には解決しておくようにすることが大切です。

 

*周辺環境も必ず確認しておく

内覧時には、家だけでなく周辺環境も確認しておく必要があります。
例えば、購入したい物件の日当たりが悪ければ何かと不便ですよね。
さらに、スーパーが遠い場合、実際に生活した際に不満が出る方もいらっしゃるでしょう。
そのため、内覧時には実際の生活をイメージして周辺環境も確認することが大切です。

 

□まとめ

今回は、中古住宅を内覧する際に確認すべきポイントと注意点について解説しました。
中古住宅のリノベーションをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は大阪にて中古住宅のリノベーションに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ