お電話
お問合せ

ブログ

ビルトインガレージとは?中古住宅のリフォームをお考えの方へ向けて解説します!

BLOG. 2021.3.23

中古住宅のリフォームをお考えで、ビルトインガレージの設置を検討中の方はいらっしゃいませんか。
ビルトインガレージには、さまざまなメリットがあります。
一方で、これを増築リフォームする際には、いくつかの注意点がございます。
そこで今回は、ビルトインガレージについて解説します。

 

□ビルトインガレージとは

ビルトインガレージとは、駐車スペースが建物の内部に組み込まれているガレージのことです。
シャッターやドアなどを設置することが特徴で、インナーガレージと呼ばれることもあります。

また、メリットは3つあります。

 

1つ目は、車を風雨から守れることです。
庭などに設けるカーポートとは異なり、車を壁面で覆うことにより、風雨から守れます。
雪の影響を受けやすい、または台風の通り道になりやすい場所では、そのメリットをより感じられるでしょう。

 

2つ目は、趣味のスペースとして活用できることです。
例えば、自転車やバイクに乗ることが趣味である場合、オブジェクトのように置くことによって、その空間をより楽しめるでしょう。

 

3つ目は、敷地が狭くても駐車スペースを確保できることです。
特に都市部では、土地が狭いため駐車場や庭などのスペースを確保できないことが多いでしょう。
ビルトインガレージを設けることによって、建物のスペースをそのまま駐車場として使えるため、敷地を無駄なく活用できます。

 

□ビルトインガレージを増築リフォームする際の注意点とは

*固定資産税や維持費をきちんと把握すること

ビルトインガレージを設置した場合、固定資産税を払う必要があります。
また、シャッターなどは定期的に点検をする義務があるでしょう。
そのため、あらかじめ確認しておく必要があります。

 

*スペースに余裕があるかを考えること

車が入るスペースが狭い場合、後ろ向きで駐車をするときにぶつけてしまう可能性があります。
さらに、車を買い替えた際には、入り切らないという恐れもあるでしょう。
そのため、スペースにできるだけ余裕を持って設計することが大切です。

 

*排気ガスがこもらないようにすること

排気ガスがこもらないような設計にしましょう。
もし、排気ガスを換気できるようなつくりではない場合、健康面でリスクがあります。
そのため、換気がきちんとできる構造かどうかを考えてつくるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、ビルトインガレージについて解説しました。
中古住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は大阪にて、中古住宅のリフォームに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ