お電話
お問合せ

ブログ

和モダンリノベーションの特徴とポイントとは?中古住宅をお考えの方へ向けて!

BLOG. 2021.3.19

中古住宅のリノベーションをお考えで、和モダンリノベーションを検討中の方はいらっしゃいませんか。
和モダンリノベーションには、いくつかの特徴があります。
また、リノベーションで和モダンにする際にはポイントを押さえておく必要があります。
そこで今回は、和モダンリノベーションの特徴とポイントについて、大阪の専門家が解説します。

 

□和モダンリノベーションの特徴とは

和モダンとは、和の伝統的なスタイルと欧米のモダンスタイルをかけ合わせることによってつくり出されるデザインのことです。
特に、古民家のような建物をリノベーションする場合、そのデザインのインテリアを構成しやすいです。
また、和モダンリノベーションの特徴は3つあります。

 

1つ目は、和の素材感を大切にしていることです。
和紙の照明器具や置き畳など、さまざまな和の素材が採用されることが多いです。
そのため、和の素材を活かして、雰囲気をつくり出していると言えるでしょう。

 

2つ目は、和の落ち着いた色合いを表現できることです。
トーンを抑えた空間に日本の伝統色を加えることによって、洗練された和の落ち着いた色合いを表現できます。
特に、漆は印象的でありながら、派手すぎない落ち着いた色味があるため、採用されることが多いです。

 

3つ目は、他の色調と合わせやすいことです。
シンプルなデザインであるため、他の色調と調和しやすいです。
例えば、北欧の銘品家具や、アールデコ調の家具のような洋風の家具との相性が良いでしょう。

 

□リノベーションで和モダンにする際のポイントとは

*正方形や縁なし畳を取り入れる

正方形で縁のない畳は、開放的な印象の床に仕上げられるでしょう。
また、タイル床のように、色味の異なる2種類の畳を配置するのもおすすめです。

 

*採光性を高めるために大きめの窓を採用する

昔ながらの和室の窓は、薄暗い雰囲気になりやすいですよね。
あえてその雰囲気を残すのも良いですが、モダンな印象に変える場合、大きな窓をつくると良いでしょう。
なぜなら、外からの光が部屋に差し込むことによって、モダンな雰囲気を演出できるからです。
そのため、採光性の高さを意識した、大きめの窓を採用することをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、和モダンリノベーションの特徴とポイントについて解説しました。
中古住宅のリノベーションをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は中古住宅のリノベーションに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

BLOG.一覧へ