お電話
お問合せ

ブログ

大阪で中古住宅の購入を検討している方にリノベーションのメリットを紹介します!

BLOG. 2021.1.3

「家の購入を検討しているが、その際にリノベーションを行うか、新築を購入しようかで迷っている。」
このような悩みをお持ちの方も多いと思います。
判断材料としてリノベーションをするメリットを知りましょう。
今回は当社が大阪でリノベーションを迷われている方に、リノベーションのメリットについてご紹介します。
 

□リノベーションのメリットとは

人生で最も大きな買い物と言っても過言ではないのが住宅購入です。
大きな買い物だからこそ、非常に慎重になる方も非常に多いでしょう。
新築の住宅も良いですが、選択肢の1つとして中古住宅のリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。
今回はそのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

1つめのメリットは費用を大きく節約できる点です。
新築に必要な費用は大きく分けて、新築費用と土地の購入代金です。
一方で、中古住宅のリノベーションにかかる費用は土地付きの中古住宅とリノベーション費用です。

どちらも土地を購入するため、一見するとそこまで明確な差が無いように思えるでしょう。
しかし、築20年以上の住宅自体の価値はほとんど無いに等しいため、更地にするよりも費用を抑えられます。

また、ほとんど骨組みのみになるスケルトンリフォームを行えば、新築並みの自由度で中古住宅のリノベーションができます。
当然、リノベーションの方が費用を抑えられるでしょう。

2つめのメリットは駅近などの好条件の物件が多い点です。
人が生活をしやすい場所には、既に家が建っている可能性が高いです。
したがって、住みやすい駅前などの好条件の土地を購入する場合でも、家を解体せずに活用すれば費用は抑えられるでしょう。

3つめは床面積の減少を抑えられる点です。
現在の建築基準法に基づいて新築を建てた場合、床面積が元々の中古住宅より減少してしまう可能性があります。
そのため、解体ではなくリノベーションでその問題を解決することもできるでしょう。
 

□リノベーションのデメリットとは

比較材料としてリノベーションのデメリットも見ていきましょう。

1つめはすぐに住むことができない点です。
建て売りの住宅であれば、購入後比較的早めに入居できますが、リノベーションする場合は半年程度かかることもあるためご注意ください。

2つめは、構造上できないこともある点です。
取り除けない柱や電気とガスの容量が変えられないケースもあります。
物件購入時にあらかじめどのような制約があるのかある程度把握しましょう。
 

□まとめ

今回は中古住宅をリノベーションするメリットについてご紹介しました。
リノベーションでの最も大きなメリットは費用を抑えられる点です。
ぜひリノベーションも検討してください。
他にもリノベーションについてご不明な点がありましたら当社までお問い合わせください。

BLOG.一覧へ