お電話
お問合せ

ブログ

大阪で中古住宅のリフォームをお考えの方に、補助金について紹介します!

BLOG. 2020.12.22

「中古住宅のリフォームを検討しているため、使用できる補助金について詳しく知りたい。」
このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は当社が大阪で中古住宅のリフォームをお考えの方に補助金についてご紹介します。
補助金についてよく理解して、より良いリフォームをしましょう。
 

□リフォームに使える補助金や減税制度とは

中古住宅のリフォームをする際に、多くの人が気になる要素の1つがリフォーム費用だと思います。
中古住宅の購入とリフォームの両方が必要なため、かかる費用は高額になるでしょう。
今回はそのような費用を少しでも抑えるために、リフォームに使える補助金や減税制度についてご紹介します。

まずは、減税について見ていきましょう。
一定の条件を満たすリフォームを行う場合は、リフォーム減税を受けられます。
こちらは所得税の控除や固定資産税の減税です。
省エネリフォームや耐震リフォーム、バリアフリー化など使用できるリフォームはある程度制限されますが、条件を満たす場合はぜひ活用してください。

例えば耐震リフォームでの減税は昭和57年の1月1日より前からある住宅であり、工事にかかる費用が50万円以上の時に固定資産税が2分の1に減らされます。
さらに長期優良住宅という認定をもらった場合3分の2の減税になります。

続いては補助金について見ていきましょう。
リフォームでは数多くの補助金を使用できます。

1つめは介護保険です。
介護保険制度を利用して最大で9割の支給が受けられるでしょう。
ただし、多くの手順があるため注意してください。

2つめは長期優良住宅化リフォーム事業です。
リフォーム後に耐震や劣化対策などの性能に関して基準を満たしている場合に受けられます。
性能の高さによって、金額は上下し、型によって最大金額も変化するでしょう。
 

□補助金を使用するリフォームの注意点とは

補助金を使用するリフォームに関して押さえておきたい注意点をご紹介します。

1つめは最新の補助金制度を確認することです。
補助金の金額や募集期間が変化する可能性もあるため、常に情報収集をしましょう。

2つめはある程度の制限がある点です。
リフォームを行うタイミングや業者に制限がある点も留意しましょう。
定められた予算に到達し補助金の受付が終了したり、業者を指定されたりする可能性があります。
 

□まとめ

今回はリフォームに使用できる補助金についてご紹介しました。
補助金や減税の種類について理解していただけましたか。
他にもリフォームについて何かご不明な点がありましたら当社までお問い合わせください。

BLOG.一覧へ